男も女も性病に気をつけよう

風邪?と思ったら咽頭クラミジアだった私のケース

性病=性器にだけ症状が現れるもの、と思っている人が多いですが、決してそうではありません。

 

私も今まで性器の痒みや痛み、違和感等を感じた時にだけ性病を疑ったりしました。

 

しかし性病の症状として、熱や倦怠感、喉の痛み等性器と全く関係のない箇所が病魔に侵されたりするのです。

 

これらの症状は風邪と似ているので、最初は風邪薬や身体を休める事でなんとかなると思い込みます。

 

 

しかし全く治らず悪化するばかりなので性病の検査をしたら「陽性」だったというケース、「まさか!」と思って驚きますが(←私がこのタイプ、本当に信じられませんでした。)

 

これが近年とても多いのです。

 

性病はオーラルセックスでも感染します。性器から性器、口から性器、性器から口、口から口へという経路で感染するのです。喉の性病の体表的な物としては、咽頭クラミジアと咽頭淋病があります。

 

 

私の場合は咽頭クラミジアに感染しました。

 

 

男性の場合、性器にも感染したらこの症状に気付き易いです。

 

しかし喉にのみクラミジアや淋病が感染している場合、咳しか症状が出ません。

 

女性の場合はクラミジアも淋病も、かなり気付きにくい病気だと思います。私も全く気づきませんでした・・・。

 

ですから男性から女性と感染し、再び男性へと感染させてしまうのです。

 

私は比較的早い段階で気付いて適切な治療を行ったのが不幸中の幸いでしたが、放置すると抗生物質に対する耐性菌がやすくなるという意見もあり、治療が難しくなる場合もあるそうです。

 

もしもパートナーが性病だったら、自覚症状がなくても検査を行う事が何より大切です。早ければ早いだけ良いので、勇気を出して検査して下さい。

 

 

クラミジアの症状・検査はコチラ